プロクラステス距離で非類似度を測る

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

プロクラステス距離で非類似度を測る
ー 条件 ー
  • 二つの図形を入力とする
ー 効果 ー
  • 二つの位置、回転、拡大縮小を考慮した距離が算出

解  説

プロクラステス距離は二つの図形を入力として距離を求める. プロクラステス解析によって一方の図形をもう一つの方に重ね合わせて その誤差の二乗和によって求められる.
プロクラステス解析では、 両方の図形に対して移動、サイズ、回転の補正を順に入れて、 正規化する. 各図形において 1.まず全体の点群の重心を求め、重心が原点に重なるように全体を移動する. (移動) 2.その後,全点から重心までの距離のRMSを求めて、全点の座標をそれで割る. (拡大、縮小) 片方の図形において 3. 二つの図形の二乗和を回転角θθ の極値を求める その後、以下の誤差の二乗和によって距離を得られる.
プロクラステス距離
$$d={\sqrt {(u_{1}-x_{1})^{2}+\cdots+(v_{n}-y_{n})^{2} }}.$$
補正後の図形と比較対称の図形のプロクラステス距離
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す