ミンコフスキー距離を使う

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

ミンコフスキー距離は、マンハッタン距離とユークリッド距離、チェビシェフ距離を一般化したものである
ー 条件 ー
  • 二つの要素数の等しいベクトル

解  説

ミンコフスキー距離は、マンハッタン距離とユークリッド距離、チェビシェフ距離を一般化した形で記述したものとなる.
ミンコフスキー距離導入
$$d = \left(\sum_{i=1}^n |x_i-y_i|^p\right)^{1/p}$$
ミンコフスキー距離定義
上記のpp が ・ 1ならば、マンハッタン距離 ・ 2ならば、ユークリッド距離 ・ ならば、チェビシェフ距離 となる
ミンコフスキー距離でpを動かす
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す