キャンベラ距離を使う

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

キャンベラ距離は原点周りの重み付きのマンハッタン距離となっている. 原点付近で違いに敏感な距離.
ー 条件 ー
  • 二つの要素数の等しいベクトル
ーポイントー
  • 原点周りで違いに敏感になる

解  説

キャンベラ距離は以下のように定義されている.
キャンベラ距離の導入
$$d(\mathbf {p} ,\mathbf {q} )=\sum _{i=1}^{n}{\frac {|p_{i}-q_{i}|}{|p_{i}|+|q_{i}|}}$$
キャンベラ距離定義(wikipediaより)
ppqq が原点に近いとき、上記の式の分母が小さくなっていくため、 成分によって原点近くのものでは重みがつくようになる。
キャンベラ距離性質
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す