CIEDE2000で色差を算出する

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

人間の視覚特性に合わせて、CIEDE2000では色差を算出する。CIE1976よりさらに人間が見たときの感覚に合うようにしている.
ーポイントー
  • 人間の視覚で受ける感覚に沿った色差

解  説

色差を決める上で実際に色のユークリッド距離を取るのもよいですが、 人間が見たときの印象とあまりマッチしません。 そこで、人間の視覚の印象に合うような距離を定義しています。 その試みは1931年から行われており、最新のものがCIEDE2000になります。
JIS規格では色差が3.2以上の値になった場合、 業界によってはクレームになるほどの違いだが基本的に色の違いとは問題ない。
色差の基準値
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す