AveratePooling層

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

元となる入力の平均を求めるニューラルネットワークの層の種類の一つ.他にMaxPoolingなどがあり、情報の圧縮が大きな役割.
ーポイントー
  • MaxPoolingの方がよいとされる
  • 平均をとるので次の層には全体的にボケたような画像が渡される

解  説

各注目した領域の中で平均を取ってそれを出力画像へ書き込む. Poolingを行うのでパラメータ数を減らして、位置不変性が上がるのはMaxPoolingと同様. ただし、経験則としてMaxPoolingの方が性能はいいとされている.
AveragePooling層概要
AveragePooling層での挙動 対象になっているものの平均を取って次の層に渡す.
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す