Deconvolution層

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

厳密な数学の定義とはDeconvolutionの意味は違っており、transposed deconvolutional layerと呼ぶ方がよいとされる。
ー 効果 ー
  • 画像のサイズを大きくできる
ーポイントー
  • UnPoolingと違い、こちらはConvolution層と似たような構造
  • 処理の流れは:入力を拡大しフィルタをかける

解  説

AutoEncoderのようなConvolution層でサイズを小さくした画像を元の大きさに戻すときや、GANのようにベクトルデータから画像を生成するときなどに使用する. 処理の手順は以下の図のように、 入力するデータを拡大し、 それに対して通常のConvolution層と同様の掛け合わせを行う. 学習ではConv層同様にフィルタの重みを学習する.
Deconvolution層
Deconvolutionのアニメーション(github.comより引用)
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す