カーネルトリック

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

カーネルトリックはSVMにおいて非線形なデータを別の空間で線形分離可能なデータに帰る手法
ー 効果 ー
  • 非線形なデータを扱えるようになる
ーポイントー
  • 高次元な空間に写像することで線形分離な問題にしている
  • 実際の写像を知らずに直接カーネル関数で変換した値を使う

解  説

カーネルトリックは、非線形だったデータを線形になっている高次元な空間に写像し、その内積をとった値を一発で求める手法を指す。 ある条件を満たす関数を使うことで写像の関数を具体的に知らずに値を求めることができます。 有名なカーネルトリックは ・ガウスカーネル ・多項式カーネル ・RBFカーネル などのカーネル関数を使用しています。
カーネルトリックとは
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す