<<展開

メモリ潤沢でランダムデータを並べたい

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

メモリに余裕があるときに処理時間を最も早くするようなアルゴリズムを選択します。

解  説

選択するソートによって得意なデータは異なります。
ソートとは
並べるデータの種類が少なければバケットソートでO(n+k)O(n+k)の平均計算時間になります。
バケットソート
ランダムデータであるなら基本的にクイックソートを選んでおけば、大方問題にはならないはず。メモリ使用量はO(log(n))O(log(n))
クイックソート
並列化を行いやすく、安定ソートであるマージソートを使うこともできる。しかし、一般的にランダムデータに対してはクイックソートより遅いとされる。メモリ使用量はO(n)O(n)になる
マージソート
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す

知識: マージソート
対象の列を細かい部分的なデータ列に分割して、それらを小さいものから並べて統合をしていくソート.