システムテスト

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

システムテストは最終成果物に近い段階で、ソフトウェアの様々な要求項目が満たせているかを確認するテスト。テストの種類には、"確認テスト","評価テスト","負荷テスト"などがあげられる。非機能テストも含まれる。
ー 条件 ー
  • 実装が大方完了し最終成果物に近い状態であること
ー 効果 ー
  • ソフトウェアに対する要求項目を確認できる
ーポイントー
  • 非機能テストを行う
  • 確認テスト、評価テスト、負荷テスト等のテストを行う

解  説

システムテストは最終成果物に近い段階で、ソフトウェアの様々な要求項目が満たせているかを確認するテスト。 テストの種類には、"確認テスト","評価テスト","負荷テスト"などがあげられる。今までの細かいテストでは確認できなかった性能やユーザビリティなどの非機能テストも含まれる。
システムテスト
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す