アジャイル開発

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

アジャイル開発は短い開発期間を繰り返して機能を開発する方法。開発期間はイテレーションと呼ばれ約1~4週間ほど。実際の開発手法としてXPやスクラムがある。
ー 効果 ー
  • 仕様変更等にも対応できる柔軟な開発となる
  • バグ等を早期に発見でき細かい修正で手戻りを減らせる
ーポイントー
  • XPやスクラムが開発手法としてある
  • 短期的な開発期間を繰り返して開発を進める

解  説

アジャイル開発は短い開発期間を繰り返して機能を開発する方法。開発期間はイテレーションと呼ばれ約1~4週間ほどおくことが多い。 ウォーターフォールではあらかじめ予定を立てて各工程を進めていくことになるが、 アジャイルでは迅速に柔軟な開発を行うことに重きをおいて進める。
アジャイル開発とは
アジャイルの実際の開発手法には以下のようなものがある。 ・XP(エクストリームプログラミング) ・スクラム ・リーンソフトウェア開発 ・Feature Driven Development
アジャイル開発手法
アジャイル開発概念図
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す