画像に映る顔を認識するためのデータセット

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

画像に映る顔を認識するためにはあらかじめ人の顔を認識する訓練をしなくてはなりません。そのためのデータセットが必要になります。顔認識の技術発展は活発になっているので、
ー 効果 ー
  • 顔認識用のデータセットが手に入る

解  説

顔認識の学習をするには学習用の顔のデータをたくさん集める必要があります。 そのまま自分で集められる量では大抵いい学習器を作ることができません。 そこで多くの大学では研究のために集めた顔認識用データセットを公開しています。 ここはそれらのリンクをまとめておきます。
顔認識データセット概要
13000人の顔画像が含まれており、それぞれはViola-Jones らのHaar特徴量によって自動で集められた画像群。1680人は2つ以上の顔画像がある。
よくDeepLearningの生成モデルや認識において使用されるデータセットにCelebAというデータセットがあります。10,177人の顔、202,599の顔画像、40の特徴が付随した有名なデータセットです。ひとまずこれを使えればできることは多いはずです。
Internet Movie Databaseの情報を元に 523,051 の顔画像が集められていて、こちらも豊富な量を誇るデータセット。
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す