ブレスト(ブレインストーミング)

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

最も有名なアイデア出しの形式の一つ。複数人で進めるMtgになる。量を重視しお互いの意見を否定しないことで多くの観点の洗い出しと可能性を広げていく。
ー 条件 ー
  • あくまでアイデアを膨らませるために使用する
  • 複数人で行う
ー 効果 ー
  • 多くのアイデアを出せる
  • 枠に囚われない多くのアイデアが出る
ーポイントー
  • 4原則を守ることが想定される
  • 意見に対してどのような判断も結論も行わない
  • どのような意見も許容する
  • 量を重視する
  • アイデアを結合するなど積極的に他人の意見を利用
  • ただし、意外と躊躇わずに意見するのが難しく、場合によってはうまく機能しない

解  説

ブレインストーミング(ブレスト)は、複数人でアイデアを出し合って可能な限り広く発想を広げていくことを目的とする会議の形式の一つ。会議の進め方において以下の4原則を守る必要があります。 ブレインストーミングの4原則 ・ 判断や結論をブレスト中に出さない ・ 突飛な意見もためらわず否定せずに言える様にする ・ 突飛な意見も含むため質は低くても許容し、それよりも量を重視 ・ いろいろな意見を組み合わせていく
ブレストは、あくまでアイデアを出すところまでのための会議の形式であるためそれ以外の部分はどのように進めていくか規定していない。 ブレストが終わった後には大量のアイデアや情報が出ているはずなので他の方法によってそれらを纏め上げる必要がある。 他のメンバーの評価を気にして、メンバーで意見を出すのが躊躇されるとブレストをうまく行うことができない。
ブレスト特徴
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す