<<展開

ロジックツリー

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

原因の分析、解決法の分析、要素の分析を網羅的に出すための情報整理法。木構造の形で要素を洗い出せるところまで洗い出す。MECEを意識しながら整理する。
ー 効果 ー
  • 原因の追究、解決法の洗い出し、要素の分解を行える
  • 論理的に考える助けになる
ーポイントー
  • MECEを意識することで網羅性をあげる

解  説

ロジックツリーは以下の3種類の目的において情報をロジカルに整理することができる方法。広く知られる整理法であって、仕事においてプロジェクトを進める際などに使用されることが多い。 ・原因を追究する   原因と考えられる要素を木構造にしながら真因にたどり着くまで分解していく ・解決法を洗い出す   手段を木構造にして具体的な行動に至るまで分解していく ・要素の分解をする   ある事柄について適切にカテゴリを設置しながら情報をまとめて分解する
ロジカルツリー概要
ロジックツリーの概要図
ロジックツリー作成におけるポイントを列挙していく ・各レイヤは同一の概念のレベルになるように整理していく ・切り口を適切に考えて情報を分解していく
ロジックツリーポイント
MECEを意識しながらロジックツリーを作り上げることで、要素の網羅性をあげ洗い出しの質を高めることができる。
MECE(ミーシー)
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す

知識: MECE(ミーシー)
MECEは情報をグループにまとめる際に「もれなくだぶりなく」をルールとする概念。完全にダブらないようにできる情報のまとまりについてのみ上記の概念を適用できる。