KJ法

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

KJ法は川喜田二郎が考案した煩雑に集まった多くの情報をまとめ新たなアイディアを創出する際に使用する情報整理方法。ブレインストーミング後の情報を整理するときなどに用いられる。
ー 条件 ー
  • 煩雑に整理のついていない情報を入力
  • カードを用いる
ー 効果 ー
  • 情報をグルーピングし、関係性を明らかにする
  • 論理的な関係を整理
  • 新しい観点を洗い出したり、創造的な意見を発掘する
ーポイントー
  • ブレインストーミング等意見を出し集めた後に実施

解  説

KJ法は川喜田二郎が考案した煩雑に集まった多くの情報をまとめ新たなアイディアを創出する際に使用する情報整理方法の一つである。カードに一つ一つのアイディアを記述してそれらカードをまとめながら情報を集約していくことで全体を整理する。 まずあらかじめ、KJ法を始める前またはカード化のときにブレインストーミング等を実施して多量のアイディアを出しておく。その後、それらの情報を論理的な関係性を含めてグルーピング、整理して、新しい着想を得られるようにKJ法を実践していく。
KJ法
KJ法の手順 1. アイディアをすべてカードにする 2. 1で作成したカードをある切り口でグルーピングし、タイトルをつける 3. 各カードやグループ間の関係を整理
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す