Webページ更新なしでサーバ通信したい

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

Webサイトを提供するWebサーバとWebページを表示するクライアントサイドのWebブラウザは通信をするたびに画面を更新していたら使いにくくて仕方ありません.そこで通常Webページの更新をしないでひっそりとサーバとブラウザの間でデータを通信する方法があります.今まで良く使われていたのはAjax(XMLHttpRequest)ですが、近年WebSocket等も使用されるようになって来ました.
ー 条件 ー
  • WebブラウザとWebサーバが通信できている
ー 効果 ー
  • Webページを更新することなくWebサーバと通信ができます
ーポイントー
  • 同期的に通信や非同期的に通信することができます
  • AjaxとWebSocketは役割として被るときもあるが、REST APIを利用するとき等でAjaxは使われている

解  説

データをサーバに送りたい又はデータをサーバから要求したいけど、Webページ全体をロードしなおすのは億劫というときに今回紹介する技術を使用することになります. 最も有名な技術はAjax (XmlHttpRequest)という技術になります. 数行でサーバとの通信を実現することができ、非常に便利な技術です. クライアント側のJavaScriptでAjaxを実行することで、Ajaxで指定したURLに沿ってサーバ側であらかじめ決められた処理を行います. このAjaxによってサーバと通信するときは通常のページをロードしてくるときと送信しているHeaderの内容に差は特にありません.
Webページ更新なしでサーバ通信したい
JavaScript
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
$.ajax({
        url:'./get-ajax-result',
        type:'POST',
        data:{
               'a':1,
               'b':2
        }})
       .done( (data) => {
           console.log("success");
       });
Ajaxのサンプルコード
もう一つの通信方法としてWebSocketによるものがあります. Ajaxは常にクライアントからサーバ側に通信を要求していましたが、WebSocketは双方向になります. 一度サーバ側とクライアント側がつながった後は、そのコネクションを維持したまま無駄な通信をすることなく必要なときだけどちらからでも通信をすることができます. ただし、双方向の通信でちゃんとした応答するまでの流れを実現したい場合は、それぞれでちゃんと実装する必要があります.
WebSocketによる通信
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す