Interactive Perceptionとは

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

Interactive Perception(インタラクティブ・パーセプション)とは、ロボット等がより積極的に環境に干渉していくことでより豊富な情報を獲得する認識.ロボットが家具等を操作することでその構造を理解することなどが例としてあげられます.
ー 条件 ー
  • 未知な環境・物体・構造がある
ー 効果 ー
  • ロボットが積極的に環境に干渉して新しい情報を獲得
ーポイントー
  • 見ているだけではなく動的な変化を与えて認識

解  説

Interactive Perception(インタラクティブパーセプション)とは、ロボット等が環境や物体、構造を認識するにあたって、積極的にそれらに変化を与えるように働きかけることで、新しい環境情報や動的な情報から得られる構造情報などを獲得する認識. 下記の研究グループにおいてはInteractive Perceptionによって人またはロボットが対象を動かして道具の構造を認識することなどを可能にしています.
Interactive Perceptionとは
提案している研究グループのプロジェクトページです. 他細かい部分を含めて説明がありますので、興味があれば参照ください.
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す