ハイブリッド暗号方式とは

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

ハイブリッド暗号方式とは、「共通鍵方式は鍵の共有が安全ではない」、「公開鍵方式は暗号化復号化の処理時間がかかる」という双方の欠点を補う暗号方式.SSLなどに用いられている.
ー 条件 ー
  • 共通鍵を決めておく
  • 公開鍵暗号方式用の秘密鍵と公開鍵を用意する
ー 効果 ー
  • 安全にそして高速に暗号化された通信をすることができる
ーポイントー
  • 共通鍵方式では鍵を共有する点が難しかった
  • 公開鍵方式では暗号化復号化に時間がかかっていた
  • 双方の暗号方式の欠点を補い、安全に鍵を渡し、高速に暗号復号処理を行う
  • 共通鍵を公開鍵で暗号化するのがポイント

解  説

ハイブリッド暗号方式とは、「共通鍵方式は鍵の共有が安全ではない」、「公開鍵方式は暗号化復号化の処理時間がかかる」という双方の欠点を補う暗号方式. 仕組みは至って単純. 共通鍵暗号方式では共通鍵の共有が問題だった.しかし、 この共通鍵を公開鍵方式で共有すれば安全に共通の鍵を使用することができる.以後の通信では共通鍵を使った共通鍵暗号方式に切り替えて行う. SSLなどに用いられている.
ハイブリッド暗号方式とは
鍵の共有を図示したもの. ①において、AさんはBさんの公開鍵で共通鍵を暗号化して、 それをBさんに送ります. Bさんは自分の秘密鍵でそれを復号化します. するとAさんとBさんで共通の鍵を持つことができます.
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す