爆風消火

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

爆風消火は主に森林や油田の消火などで用いられる消火手法で、可燃物を爆風によって飛ばすこと(破壊消火)や火炎自体を吹き飛ばすことで瞬間的に消火することができる.
ー 効果 ー
  • 爆風によって瞬間的に消火
ーポイントー
  • 一般的には爆弾が使用されるが、消化剤、レーザ等も検討されている.
  • 可燃物がなくなることと火炎自体を吹き飛ばすことで消火
  • 森林や油田の火災で用いられる手法

解  説

爆風消火は主に森林や油田の消火などで用いられる消火手法で、 可燃物を爆風によって飛ばすこと(破壊消火)や火炎自体を吹き飛ばすことで瞬間的に消火することができる. 爆弾による爆風消火が多いが、その手法に限らない.
爆風消火とは
爆風消火の過程の様子. (微小爆薬を用いたプール火災の爆風消火の研究 https://kaken.nii.ac.jp/ja/file/KAKENHI-PROJECT-21710167/21710167seika.pdf より引用)
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す