マンハッタンワールド仮説

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

マンハッタンワールド仮説(Manhattan World Assumption)は、人間が造った人工物の多くは直交座標系に平行に作られているという仮定.これによって、壁や天井などをx方向,y方向,z方向に平行な拘束があるものと改定することができる.
ー 条件 ー
  • 3次元空間に関する仮説
ー 効果 ー
  • 3次元空間で天井や壁などの人工物が直交座標系の軸に平行であるという仮定を得る
  • 写真などから上記拘束を元に姿勢や位置などを求めやすくなる
ーポイントー
  • 論文によれば自然の中でも適用することが可能な仮説

解  説

マンハッタンワールド仮説(Manhattan World Assumption)は、人間が造った人工物の多くは何らかの直交座標系に平行に作られているという仮定.これによって、壁や天井などをx方向,y方向,z方向に平行な拘束があるものと改定することができる. また、自然においても同様な仮定をおけると論文では主張している.
マンハッタンワールド仮説(Manhattan World Assumption)とは
Manhattan World Assumptionに関して述べている論文はリンクを参照
マンハッタンワールド仮説概要
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す