ニューラルネットワーク

人間の脳のニューロンモデルから発想を得た教師あり機械学習技術です。1960年から研究が盛んになった非常にメジャーな技術です。 ニューラルネットワーク3度目の黄金期として、今最も注目されているDeepLearningの基礎技術でもあります。
2017.9.3
  • 36
    Views
  • 4
    Watch
  • 7
    Knows

ニューラルネットワークの新規投稿

K
Edition: 1
Growing Neural Gas
Growing Neural Gas(成長型ニューラルガス)とは、教師なしニューラルネットワークの一つで、Neural Gasが強く初期値に依存してしまうのを避け必要とあればネットワークを拡張するNeural Gasの一種.良い性能を発揮することで知られ、クラスタ分析においてはk-meansよりも優れていると言われる.
  • 2018.12.01
  • 9
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
競合学習
競合学習(Competitive Learning)とは教師なし学習で頻繁に行われる学習で、最も入力データに反応したニューロンのみ更新したりするようなニューロン同士で競わせるような学習.winner-take-allな学習で勝者となったニューロンは入力データにより近くなるように更新する.自己組織化マップは競合学習の一つ.競合学習では入力層と競合層を持つ.
  • 2018.12.01
  • 6
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
Neural Gas
Neural Gasは元々の多数の入力ベクトルデータを少数の特徴的なベクトルを用いて代用するベクトル量子化に利用されるニューラルネットワーク. Neural Gasはよく自己組織化マップ(SOM)と比較されるが、自己組織化マップは学習時に隣接ベクトルとの制約があるのに対してNeural Gasはそれを持たない.
  • 2018.12.01
  • 5
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
自己組織化マップ
自己組織化マップ(Self-organizing maps, SOM)は大脳皮質の視野覚をモデル化したニューラルネットワークの一種で教師なし学習によって次元圧縮を実現する技術.任意の次元の入力ベクトルを任意の次元の出力に写像することができるが、入力ベクトルの方が次元が高く、一般的に出力の次元は1次元から3次元に写像することが多い.繰り返し計算によって学習を行う.
  • 2018.11.29
  • 2
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ホップフィールドネットワーク
ホップフィールドネットワークは、ニューラルネットワークの火付け役となった、記憶や想起が可能なネットワークである.想起をするときはエネルギ関数を使用して複数回処理を行い、ネットワークが安定したと判定されたときに出力する.
  • 2018.08.08
  • 44
  • PV
  • 0
  • Fav
Q
Ans: 1
ニューラルネットで二つの画像を入力にすることや途中でニューラルネットを混ぜることはできますか?
  • 2017.09.23
  • 7
  • PV
  • 0
  • Fav
Q
未解決
ニューラルネットで二つの画像を入力にすることや途中でニューラルネットを混ぜることはできますか?
  • 2017.09.23
  • 1
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
パーセプトロン
パーセプトロンは数値列を入力として1または0を出力する機械学習手法の一つ.ニューラルネットの基礎技術.
  • 2017.09.13
  • 4
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ニューラルネットワークとは
ニューラルネットワークは1960年代から研究されている人間の脳のニューロンをモデルにして作られた機械学習手法の一つ. 近年のDeepLearningのベースとなっている技術でDeepLearningはニューラルネットワークを大きく高性能にしたもの.
  • 2017.09.13
  • 6
  • PV
  • 0
  • Fav

ニューラルネットワーク人気知識・質問

K
Edition: 1
ホップフィールドネットワーク
ホップフィールドネットワークは、ニューラルネットワークの火付け役となった、記憶や想起が可能なネットワークである.想起をするときはエネルギ関数を使用して複数回処理を行い、ネットワークが安定したと判定されたときに出力する.
  • 2018.08.08
  • 44
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
Growing Neural Gas
Growing Neural Gas(成長型ニューラルガス)とは、教師なしニューラルネットワークの一つで、Neural Gasが強く初期値に依存してしまうのを避け必要とあればネットワークを拡張するNeural Gasの一種.良い性能を発揮することで知られ、クラスタ分析においてはk-meansよりも優れていると言われる.
  • 2018.12.01
  • 9
  • PV
  • 0
  • Fav
Q
Ans: 1
ニューラルネットで二つの画像を入力にすることや途中でニューラルネットを混ぜることはできますか?
  • 2017.09.23
  • 7
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ニューラルネットワークとは
ニューラルネットワークは1960年代から研究されている人間の脳のニューロンをモデルにして作られた機械学習手法の一つ. 近年のDeepLearningのベースとなっている技術でDeepLearningはニューラルネットワークを大きく高性能にしたもの.
  • 2017.09.13
  • 6
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
競合学習
競合学習(Competitive Learning)とは教師なし学習で頻繁に行われる学習で、最も入力データに反応したニューロンのみ更新したりするようなニューロン同士で競わせるような学習.winner-take-allな学習で勝者となったニューロンは入力データにより近くなるように更新する.自己組織化マップは競合学習の一つ.競合学習では入力層と競合層を持つ.
  • 2018.12.01
  • 6
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
Neural Gas
Neural Gasは元々の多数の入力ベクトルデータを少数の特徴的なベクトルを用いて代用するベクトル量子化に利用されるニューラルネットワーク. Neural Gasはよく自己組織化マップ(SOM)と比較されるが、自己組織化マップは学習時に隣接ベクトルとの制約があるのに対してNeural Gasはそれを持たない.
  • 2018.12.01
  • 5
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
パーセプトロン
パーセプトロンは数値列を入力として1または0を出力する機械学習手法の一つ.ニューラルネットの基礎技術.
  • 2017.09.13
  • 4
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
自己組織化マップ
自己組織化マップ(Self-organizing maps, SOM)は大脳皮質の視野覚をモデル化したニューラルネットワークの一種で教師なし学習によって次元圧縮を実現する技術.任意の次元の入力ベクトルを任意の次元の出力に写像することができるが、入力ベクトルの方が次元が高く、一般的に出力の次元は1次元から3次元に写像することが多い.繰り返し計算によって学習を行う.
  • 2018.11.29
  • 2
  • PV
  • 0
  • Fav
Q
未解決
ニューラルネットで二つの画像を入力にすることや途中でニューラルネットを混ぜることはできますか?
  • 2017.09.23
  • 1
  • PV
  • 0
  • Fav