暗号関連

暗号関係のデータ変換に関連した手法などについてまとめたページになります.
2018.8.5
  • 12
    Views
  • 0
    Watch
  • 4
    Knows

暗号関連の新規投稿

K
Edition: 1
Order Preserving Encryption
Order Preserving Encryption(順序保持暗号、順序保存暗号)は、入力された単語の特定の順番(大小関係)が暗号化後も保持されている暗号化技術.昔のOne Part Codeから使用されているものである.一般的にセキュリティは低くなってしまうが、通常の単語と同じようにデータベース上で範囲検索(Range)、MAX、 MINなどができるため、そういった分野で使用が想定される.
  • 2018.10.31
  • 13
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
Two Part Code
Two Part Codeは One Part Codeでは一つの暗号表があれば暗号化復号化できたのとは違い、対応する単語またはコードがランダムな順番なため暗号化用と復号化用の暗号表が必要な暗号化手法.暗号化用と復号化用が必要なのはどちらかだけでは反対の操作をするときに単語を見つけにくいだけなので、一冊あれば対応はわかる.
  • 2018.10.31
  • 13
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
One Part Code
One Part Codeは単語と対応するコードが双方アルファベット順に対応している暗号化方式.どちらも順番になっているため、一部単語がわからなくても前後から推測が可能.
  • 2018.10.31
  • 14
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ハッシュ関数とは
ハッシュ関数とは与えられたデータを別の小さな値に変換する関数です.どのような変換を行うかについては自身で関数を選択する必要があります.幾らか求められる特徴があり、元の入力データが異なれば出力も異なることが期待されます.検索の高速化やデータ構造、データの一致、データの改竄検出など幅広く用いられる.
  • 2018.08.05
  • 14
  • PV
  • 0
  • Fav

暗号関連人気知識・質問

K
Edition: 1
ハッシュ関数とは
ハッシュ関数とは与えられたデータを別の小さな値に変換する関数です.どのような変換を行うかについては自身で関数を選択する必要があります.幾らか求められる特徴があり、元の入力データが異なれば出力も異なることが期待されます.検索の高速化やデータ構造、データの一致、データの改竄検出など幅広く用いられる.
  • 2018.08.05
  • 14
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
One Part Code
One Part Codeは単語と対応するコードが双方アルファベット順に対応している暗号化方式.どちらも順番になっているため、一部単語がわからなくても前後から推測が可能.
  • 2018.10.31
  • 14
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
Two Part Code
Two Part Codeは One Part Codeでは一つの暗号表があれば暗号化復号化できたのとは違い、対応する単語またはコードがランダムな順番なため暗号化用と復号化用の暗号表が必要な暗号化手法.暗号化用と復号化用が必要なのはどちらかだけでは反対の操作をするときに単語を見つけにくいだけなので、一冊あれば対応はわかる.
  • 2018.10.31
  • 13
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
Order Preserving Encryption
Order Preserving Encryption(順序保持暗号、順序保存暗号)は、入力された単語の特定の順番(大小関係)が暗号化後も保持されている暗号化技術.昔のOne Part Codeから使用されているものである.一般的にセキュリティは低くなってしまうが、通常の単語と同じようにデータベース上で範囲検索(Range)、MAX、 MINなどができるため、そういった分野で使用が想定される.
  • 2018.10.31
  • 13
  • PV
  • 0
  • Fav