空気力学実験関連

空気力学において必要となる実験関連に関する知識をまとめているページです.実験方法からデータの取得方法までを含みます.
2018.12.2
  • 23
    Views
  • 0
    Watch
  • 6
    Knows

空気力学実験関連の新規投稿

K
Edition: 1
PTVによる可視化
PTV(Particle Tracking Velocimetry,粒子追跡法)は、流体の中に粒子を流すなどして追跡対象の粒子の動きを追う手法.PIVは画像領域に写る複数粒子全体のの変位量を求めていたが、PTVではとある粒子のみを追跡してその軌跡を求める.追跡する粒子が多いと正しく計測できない恐れがあるので密度は高くできない.
  • 2018.12.09
  • 61
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
PIVによる流体可視化
PIV(粒子画像流速測定法, particle image velocimetry)は、気体や液体などの流体の流れによく追従するトレーサー粒子(マーカーのようなもの)を流してそれを高速なカメラで撮像し微小単位時間の移動量から速度を求め可視化する手法.2枚の画像を用いて相互相関法によって求める方法と1枚の画像に2回重ねて撮像して自己相関法によって求める方法があります.
  • 2018.12.09
  • 60
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
シャドウグラフによる可視化
シャドウグラフ法(Shadow Graph)は点光源とスクリーンを用いた単純な構成で気体や液体の濃度の変化を可視化する技術.シュリーレン法より以前は頻繁に用いられていたが、気体の濃度の二次微分になりまたシュリーレン法よりもコントラストが得られにくい.
  • 2018.12.02
  • 227
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
グラッドストーン・デールの式
グラッドストーン・デールの式(Gladstone-Dale Relation, rule)は、気体による定数を用いて密度と屈折率を関連づける式.
  • 2018.12.02
  • 110
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
背景型シュリーレン法
背景型シュリーレン法(BOS, Background-Oriented Schlieren)は液体や気体の濃度勾配を可視化するのに用いられる一般的な手法の一つ.通常のシュリーレン法よりも簡易なシステムにおいて実現することができレンズやナイフエッジなどが不要となっている.太陽や月の光を用いて航空機の周りの衝撃波を可視化することも可能.基準画像との相互相関法によって画像を生成する.
  • 2018.12.02
  • 53
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
シュリーレン法
シュリーレン法は、空気の状態によって密度が変化し屈折率が変化することを利用して平行光でその状態を可視化する手法.メジャーな手法の一つでShadowGraph(影絵)より微細な変化を鮮明に映し出すことが可能です.
  • 2018.12.02
  • 130
  • PV
  • 0
  • Fav

空気力学実験関連人気知識・質問

K
Edition: 1
シャドウグラフによる可視化
シャドウグラフ法(Shadow Graph)は点光源とスクリーンを用いた単純な構成で気体や液体の濃度の変化を可視化する技術.シュリーレン法より以前は頻繁に用いられていたが、気体の濃度の二次微分になりまたシュリーレン法よりもコントラストが得られにくい.
  • 2018.12.02
  • 227
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
シュリーレン法
シュリーレン法は、空気の状態によって密度が変化し屈折率が変化することを利用して平行光でその状態を可視化する手法.メジャーな手法の一つでShadowGraph(影絵)より微細な変化を鮮明に映し出すことが可能です.
  • 2018.12.02
  • 130
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
グラッドストーン・デールの式
グラッドストーン・デールの式(Gladstone-Dale Relation, rule)は、気体による定数を用いて密度と屈折率を関連づける式.
  • 2018.12.02
  • 110
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
PTVによる可視化
PTV(Particle Tracking Velocimetry,粒子追跡法)は、流体の中に粒子を流すなどして追跡対象の粒子の動きを追う手法.PIVは画像領域に写る複数粒子全体のの変位量を求めていたが、PTVではとある粒子のみを追跡してその軌跡を求める.追跡する粒子が多いと正しく計測できない恐れがあるので密度は高くできない.
  • 2018.12.09
  • 61
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
PIVによる流体可視化
PIV(粒子画像流速測定法, particle image velocimetry)は、気体や液体などの流体の流れによく追従するトレーサー粒子(マーカーのようなもの)を流してそれを高速なカメラで撮像し微小単位時間の移動量から速度を求め可視化する手法.2枚の画像を用いて相互相関法によって求める方法と1枚の画像に2回重ねて撮像して自己相関法によって求める方法があります.
  • 2018.12.09
  • 60
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
背景型シュリーレン法
背景型シュリーレン法(BOS, Background-Oriented Schlieren)は液体や気体の濃度勾配を可視化するのに用いられる一般的な手法の一つ.通常のシュリーレン法よりも簡易なシステムにおいて実現することができレンズやナイフエッジなどが不要となっている.太陽や月の光を用いて航空機の周りの衝撃波を可視化することも可能.基準画像との相互相関法によって画像を生成する.
  • 2018.12.02
  • 53
  • PV
  • 0
  • Fav