<<展開

ウォーターフォール開発

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

ウォーターフォール開発は設計、実装、テストの各工程を進めていく。
ー 条件 ー
  • 大規模物件や仕様や計画が正しいと考えられるプロジェクト
ー 効果 ー
  • 計画と進捗度合いが把握しやすい
ーポイントー
  • 初めの検討が正しいことが前提になっている

解  説

ウォーターフォール開発は設計、実装、テストの各工程を一つ一つ進めていくソフトウェア開発。 大規模物件や仕様、計画に誤りが起きにくい物件では効率的に動き、 プロジェクトメンバはだいたいこの流れになれているものが多いため、 導入のしやすさもある。
ウォーターフォール開発とは
よく短い開発期間を繰り返すアジャイル開発と比較されることが多い
アジャイル開発
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す

知識: アジャイル開発
アジャイル開発は短い開発期間を繰り返して機能を開発する方法。開発期間はイテレーションと呼ばれ約1~4週間ほど。実際の開発手法としてXPやスクラムがある。