求根アルゴによる非線形方程式の解

求根アルゴリズムの手法を用いた非線形方程式の解の算出方法についてまとめています.非線形である場合は解析困難なものがお多いため反復計算で解の更新を行いながら近似解を求めます.
2019.3.1
  • 9
    Views
  • 0
    Watch
  • 4
    Knows

求根アルゴによる非線形方程式の解の新規投稿

K
Edition: 1
Bairstow法による求根
Bairstow法は、1次元多項式に対して効率的に全ての解を求める求根アルゴリズム.二次式の解を求めて関数を割るのを低次の式になるまで繰り返す手法.数値的な性質はよくなく桁落ちしやすいとされる.
  • 2019.03.03
  • 9
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
Broyden法による求根
Broyden法(ブライデン法)は複数の方程式から得られる多次元の解を求める数値計算手法で、セカント法を一般化した手法.セカントが傾きで微分を近似したように、計算が複雑なヤコビ行列を一つ前のヤコビ行列の更新で実現.
  • 2019.03.03
  • 17
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
セカント法による求根
セカント法(割線法)は、関数が0になる変数の値を求めることができる球根アルゴリズムで、ニュートン法では微分できることが必要でしたが、その必要はなく一つ前の解との差分から傾きを計算する手法です.ここでは一次元のみ紹介します.セカント法はニュートン法と異なり二次収束しないため、ニュートン法ほどの収束の速さは保証されませんが関数によっては早くなります.
  • 2019.03.03
  • 21
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ニュートン法による求根
求根アルゴリズムとして有名である頻繁に使用されるニュートン法(1次元の場合)について紹介します.ニュートン法によって関数の値がゼロになる値等を算出します.探索する初期値に依存し、解は一つしか見つけられませんが、比較的高速です.導関数が適切に得られる必要があります.
  • 2019.03.02
  • 24
  • PV
  • 0
  • Fav

求根アルゴによる非線形方程式の解人気知識・質問

K
Edition: 1
ニュートン法による求根
求根アルゴリズムとして有名である頻繁に使用されるニュートン法(1次元の場合)について紹介します.ニュートン法によって関数の値がゼロになる値等を算出します.探索する初期値に依存し、解は一つしか見つけられませんが、比較的高速です.導関数が適切に得られる必要があります.
  • 2019.03.02
  • 24
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
セカント法による求根
セカント法(割線法)は、関数が0になる変数の値を求めることができる球根アルゴリズムで、ニュートン法では微分できることが必要でしたが、その必要はなく一つ前の解との差分から傾きを計算する手法です.ここでは一次元のみ紹介します.セカント法はニュートン法と異なり二次収束しないため、ニュートン法ほどの収束の速さは保証されませんが関数によっては早くなります.
  • 2019.03.03
  • 21
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
Broyden法による求根
Broyden法(ブライデン法)は複数の方程式から得られる多次元の解を求める数値計算手法で、セカント法を一般化した手法.セカントが傾きで微分を近似したように、計算が複雑なヤコビ行列を一つ前のヤコビ行列の更新で実現.
  • 2019.03.03
  • 17
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
Bairstow法による求根
Bairstow法は、1次元多項式に対して効率的に全ての解を求める求根アルゴリズム.二次式の解を求めて関数を割るのを低次の式になるまで繰り返す手法.数値的な性質はよくなく桁落ちしやすいとされる.
  • 2019.03.03
  • 9
  • PV
  • 0
  • Fav