ソフトテスト技法

ソフトウェアのテストは効率的に不具合を見つけるために様々な検討が行われてきました。未だにUIのテストの完全な自動化には至っていないため、人手で行われているところが多いです。 テストは開発者本人またはテスター等が行う。
2017.10.14
  • 11
    Views
  • 0
    Watch
  • 12
    Knows

ソフトテスト技法の新規投稿

K
Edition: 1
コンディションカバレッジ
コンディションカバレッジは複数の条件を組み合わせた場合のプログラムの網羅率。ブランチカバレッジよりさらに厳しめのカバレッジ。
  • 2018.01.04
  • 8
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ブランチカバレッジ
全ての条件分岐を通るように実行したカバッレジ。ステートメントカバレッジより網羅率の高いカバレッジ。
  • 2018.01.04
  • 7
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ステートメントカバレッジ
ステートメントカバレッジは全ての命令文の中で実際に実行した割合。カバレッジの中でも簡単な計測指標で網羅率は低い。
  • 2018.01.04
  • 8
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
カバレッジとは
カバレッジとはプログラムにおける特定の項目に沿ったときの網羅率を示す。代表的なものに、ステートメントカバレッジ(C0)、ブレンチカバレッジ(C1)、コンディションカバレッジ(C2)がある。
  • 2018.01.04
  • 6
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
動的テスト
ソフトウェアを実行して行うテスト。一般的に動的テストはテスト工程で行う。静的テストとは異なり直接的にソフトウェアの品質を保証する。
  • 2018.01.03
  • 8
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
静的テスト
ソフトウェアを実行することなく行うテスト。仕様書、静的解析、レビュー等の確認よりデバッグ等全般を指す。
  • 2018.01.03
  • 7
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
システムテスト
システムテストは最終成果物に近い段階で、ソフトウェアの様々な要求項目が満たせているかを確認するテスト。テストの種類には、"確認テスト","評価テスト","負荷テスト"などがあげられる。非機能テストも含まれる。
  • 2018.01.03
  • 8
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
機能テスト
機能テストはソフトウェアの機能を適切に実行できているかを確認するためのテスト。ユニットテストよりも広い範囲で確認する。
  • 2018.01.03
  • 8
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
結合テスト
複数のモジュールを組み合わせたときの動作テスト。単体テストでは各モジュール単体での動きについて確認を行ったが、次の段階ではそれらを連携させた状態での確認を行う。
  • 2018.01.03
  • 8
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
単体テスト
ソフトウェアの最小単位であるモジュールごとに行う単体のテスト。コーディングされたソフトが論理構造的に仕様通りになっているかを確認する。 この工程では、機能確認テストを行う。
  • 2018.01.03
  • 9
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ブラックボックステスト
ブラックボックステストは中身の論理構造を意識せずに確認するテスト。入力データと出力データのみに注目して動作が仕様通りかを確認する。ユーザ視点での動作テスト。
  • 2018.01.03
  • 7
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ホワイトボックステスト
ホワイトボックステストは中身の論理構造を理解しながら確認するテスト。中身の分岐や条件等を意識して網羅的なテストを行う。
  • 2018.01.03
  • 6
  • PV
  • 0
  • Fav

ソフトテスト技法人気知識・質問

K
Edition: 1
単体テスト
ソフトウェアの最小単位であるモジュールごとに行う単体のテスト。コーディングされたソフトが論理構造的に仕様通りになっているかを確認する。 この工程では、機能確認テストを行う。
  • 2018.01.03
  • 9
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
結合テスト
複数のモジュールを組み合わせたときの動作テスト。単体テストでは各モジュール単体での動きについて確認を行ったが、次の段階ではそれらを連携させた状態での確認を行う。
  • 2018.01.03
  • 8
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
機能テスト
機能テストはソフトウェアの機能を適切に実行できているかを確認するためのテスト。ユニットテストよりも広い範囲で確認する。
  • 2018.01.03
  • 8
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
システムテスト
システムテストは最終成果物に近い段階で、ソフトウェアの様々な要求項目が満たせているかを確認するテスト。テストの種類には、"確認テスト","評価テスト","負荷テスト"などがあげられる。非機能テストも含まれる。
  • 2018.01.03
  • 8
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
動的テスト
ソフトウェアを実行して行うテスト。一般的に動的テストはテスト工程で行う。静的テストとは異なり直接的にソフトウェアの品質を保証する。
  • 2018.01.03
  • 8
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ステートメントカバレッジ
ステートメントカバレッジは全ての命令文の中で実際に実行した割合。カバレッジの中でも簡単な計測指標で網羅率は低い。
  • 2018.01.04
  • 8
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
コンディションカバレッジ
コンディションカバレッジは複数の条件を組み合わせた場合のプログラムの網羅率。ブランチカバレッジよりさらに厳しめのカバレッジ。
  • 2018.01.04
  • 8
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ブラックボックステスト
ブラックボックステストは中身の論理構造を意識せずに確認するテスト。入力データと出力データのみに注目して動作が仕様通りかを確認する。ユーザ視点での動作テスト。
  • 2018.01.03
  • 7
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
静的テスト
ソフトウェアを実行することなく行うテスト。仕様書、静的解析、レビュー等の確認よりデバッグ等全般を指す。
  • 2018.01.03
  • 7
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ブランチカバレッジ
全ての条件分岐を通るように実行したカバッレジ。ステートメントカバレッジより網羅率の高いカバレッジ。
  • 2018.01.04
  • 7
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ホワイトボックステスト
ホワイトボックステストは中身の論理構造を理解しながら確認するテスト。中身の分岐や条件等を意識して網羅的なテストを行う。
  • 2018.01.03
  • 6
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
カバレッジとは
カバレッジとはプログラムにおける特定の項目に沿ったときの網羅率を示す。代表的なものに、ステートメントカバレッジ(C0)、ブレンチカバレッジ(C1)、コンディションカバレッジ(C2)がある。
  • 2018.01.04
  • 6
  • PV
  • 0
  • Fav